デルモゾールG軟膏市販

市販されていないデルモゾールG軟膏(リンデロン‐VG軟膏0.12%のジェネリック品)が通販で購入できる

デルモゾールG軟膏(リンデロン‐VG軟膏0.12%のジェネリック品)は市販されていないので、近所の薬局やドラッグストアでは販売していません。
アマゾンや楽天でも販売していません。

 

もし、デルモゾールG軟膏を購入したいなら、個人輸入代行サイトから購入することができます。

 

デルモゾールG軟膏を取り扱っているのはファミリーファーマシーグローバルと言うサイトです。

 

 

商品名: デルモゾールG軟膏:5g×10本セット
販売価格:1,909円(送料無料、消費税なし)
在庫場所:シンガポール1
製造元:岩城製薬 株式会社
販売元:岩城製薬 株式会社

 

>>デルモゾールG軟膏が購入できる通販サイトはこちら

 

 




お尻の痒みに特に効果があったデルモゾールG軟膏

私が持病である肛門掻痒症に利用したステロイド軟膏はこれまで強弱数種類ありましたが、その中でも最も確実に効き、また即効性もあったのは間違い無くデルモゾールG軟膏でした。

 

デルモゾールG軟膏を最初に処方されたのはおよそ2年前。普段から衣服の締め付けに由来する蒸れもあってか頻繁に股間が痒くなり始め、それは最もデリケートな肛門周りで特に酷いものでした。

 

自力で掻いて短い時間は解消出来るものの、程無く再発してしまいます。特にお尻洗浄を行った直後や就寝中には我慢出来ない程の痒さとなり、無意識のうちに必死になって掻き毟ってしまいます。

 

その治り掛けがかさぶたになって更なる痒みを誘発し、その度に再び掻いてしまうという最悪のループが出来上がってしまったのです。

 

最初に訪れた肛門科ではまだ症状もそれ程重くなく、比較的軽いステロイドや抗炎症剤のみの処方で何とかなっていたのですが、次第にそれらだけでは抑える事の出来ない程度の痒みとなってしまい、結局2つ目となる皮膚科を受診し、処方されたのがこのデルモゾールG軟膏だったのです。

 

ステロイド軟膏としてはかなり強めであり、しばらく患部へ塗り続ける事に対する抵抗感も大きかったのですが、収まらない痒みに困り果てた状態だった事もあり、素直に医師のアドバイスに従い、1日2回のペースで十分な量患部に塗って過ごす事になったのでした。

 

驚いたのはその効果で、これまでの軽いステロイドでは一晩寝ても収まらなかった酷い痒みが翌朝までには全く消え、無意識にお尻を掻き毟る事も無くなったのです。

 

トイレの度に、またお酒や香辛料の入った食べ物を飲食した直後に出る突然の痒みもかなり和らぎ、少なくとも日常生活に対する支障は無くなったのでした。

 

それだけで完治する様な事は無く、その後も数カ月おきに酷い肛門周囲の痒みに見舞われるケースがありますが、その際は躊躇わずデルモゾールG軟膏を集中して塗り、それ以上症状が酷くならない様努めているのです。