リンデロンVG軟膏とびひ

とびひに効果がなかったリンデロンVG軟膏

夏場に、子供が膝を擦りむいて怪我しました。

 

軽いキズだったので、そのうちすぐ治るだろうと楽観的に考えていました。

 

けれど、数日経ってもキズは治ることがなく、逆に赤みを増してジクジクしてきたんです。

 

全く治ってくる気配がなかったため、なんとなく、あ、これはとびひかな?と思い立って、皮膚科の看板も掲げている小児科へ連れて行きました。

 

そうしたら、うーん、とびひまではいってないかな〜ということで、しばらく様子を見たらと言われたんです。

 

それでも、親の勘かもしれませんが絶対にとびひだ!と思っていたので、どうしてもと無理を言って薬を出してもらいました。

 

その時処方された薬が、リンデロンVG軟膏です。

 

家に帰ってから色々ネットで調べてみたところ、リンデロンVG軟膏はとびひには効かないという口コミがとても多かったんです。

 

けれど中にはリンデロンVG軟膏を使ったら数日でとびひが治ったという口コミもあり、悩んでしまいました。

 

キズがひどくなってきたため、せっかく処方してもらったのだからとリンデロンVG軟膏を使い始めることにしました。

 

ところが、何日経ってもキズがよくなる気配はありませんでした。

 

逆に悪化してきて、どんどん広がって病名のとおりあちこちに飛び火してしまったんです。

 

膝を中心に、足はもちろん腕や顔にまでジクジクしたキズが広がっていきました。

 

特に顔、中でもまぶたがひどくて、くっきり二重だったのが腫れぼったい一重になり、キズからは黄色い液体が漏れだすほどでした。

 

これには本当にびっくりしてしまいましたし、ショックを受けました。

 

すぐにリンデロンVG軟膏の使用を中止し、別の小児科へ子供を連れて行くことにしたんです。

 

そこではアクアチム軟膏とクリーム、内服薬を処方してもらいました。

 

そうすると、すぐに効果があらわれてキズはどんどん引いていって、ホッとしました。

 

今は、とびひにリンデロンVG軟膏を処方されることは以前ほど多くないらしいですが、いまだに処方している病院もあるようです。

 

合えばいいかもしれませんが、悪化する場合もあるので、処方されたからといって安易に使用するのは気を付けたほうがいいな、と反省しました。

 

>>リンデロンVG軟膏を通販で買う方法はこちら